バナー画像

ステップ6-2 ToDoリスト(タスク)のチェックをしよう!

1日の終りにToDoリストをチェックします。これはルールの1つなのでやらないといけません。

こちらも図を見てもらったほうがイメージしやすいでしょう。

レ : 完了マーク
→ : 先送りマーク
× : 削除マーク
● : 進行中
S◯ : 委任

完了マーク

主にこの4つでチェックしていきます。完了した項目は「レ」をつけてチェックします。よしよし今日この項目ができたぞ、と自分を褒めて下さい。

できなかったこと

サムネイルデイリーページ3 振り返ってみてできなかった項目が大事です。やってない項目は「→」で先送りにするか、「×」で中止にするかを選択します。やっぱやーめた、と思ったら「×」ですし、明日やろうと思ったら「→」を書き込むわけですね。

明日じゃなくて来週の日曜日にやろうと思っても「→」を書き込みます。そしてその項目をやる日のToDoリストに転記しておきます。こうすることで用事を失念することがなくなります。

先送りは3回までというルールがあります。つまり4回目の先送りはできず、その項目はヤル気がないとみなし「×」にします。なので3回も先送りにした項目は必死でチェックを付けれるように取り組みましょう!

もし3回目でもできなかったら自堕落で駄目な自分に猛省してください。そして1日目標が遠ざかったことを認識して次からの糧にしてください。

継続していること

●は進行中の項目です。今日やったけど今日だけでは終わらなかった項目のことです。
S◯は自分がやろうと思ってたことを誰かに依頼した時にこのチェックを付けましょう。依頼した人が完了したら◯の中にレを付けます。
項目にチェックをつけるのはその日の夜に全部チェックするのではなくて、それが完了したタイミングでも構いません。

まとめ

フランクリン手帳は自分なりの使い方をしてもOKだと考えます。自分用のチェックマークとかを編み出したり、メモ帳欄に簡易日記を書き込むとか、アイディアを書き込むなどしてもOKです。

大切なのは確かに自分の価値観やミッションステートメントを実現するために日々の日課があるということです。フランクリン手帳を後で見なおしたりして自己改善に役立てましょう。自分の行動を管理して時間を管理して目標を達成するために使って行きましょう。

このページの先頭へ