バナー画像

ステップ6 日々の計画と行動管理

さて前章につづきまして日々の行動管理と手帳の使い方になります。フランクリン手帳には種類があります。どれを購入してもOKですが、おすすめは1日2ページ版か、1日1ページ版です。これだと日々行動を細かく落としこむ事ができるからです。

そして手帳を使うときにルールがいくつかあるのでご紹介しましょう。

  • 1.手帳を常に持ち歩くこと
  • 2.毎日15分間の計画立案をしToDoリストを埋めること
  • 3.毎日の終わりに全てのToDoリストをチェックすること
  • 4.手帳を使い始めたら21日間連続して使うこと

ルールの意味を解説していきます

1の手帳を常に持ち歩くというのは、手帳には今日1日のToDoリストが書いてありますから、空き時間に何しようかな~という事がなくなります。手帳を開けば次に何をすればいいかが書いてあるからです。今日のToDoリストを書いたらもう全て忘れてしまってOKというわけですね!

またいいアイディアが思いついた時にスグ手帳に書き込めるというメリットもあります。

2の15分間の計画立案とToDoリストを埋める、についてですが1日は1440分あります。そのうちの15分間だけを今日一日何しようかな~という計画のために使いましょうという事です!1日という時間の1%を計画に費やしましょう。ToDoリストを埋めるときに超重要なことがあります。それは「優先順位」の決め方です。多くの人が優先順位の決めかたを間違えてるせいで何も成し得ない人生になっているのです!

3の毎日の終わりに全てのToDoリストをチェックすること、ですが、これをしないとどの項目が完了して、どの項目が未完了なのかわからなくなってしまいます。これをすると忘れ物がなくなりますね。やろうと思ってたこと、でも時間がなくてできなかったこと、今まではそういう事を失念してきたから目標に近づかなかった。ToDoをきちっと書いてチェックすることで防げるようになります。

4の手帳を使い始めたら21日間連続して使う、というのは自分に「習慣化」させることが目的なんです。人間は21日間継続して続けると習慣になるそうです。お子さんに歯磨きをさせたければ21日間なにがなんでもやらせるといいみたいですね。。1日でも忘れてしまったらリセットで、またそこから21日間継続して行わないといけません。

毎日やりたいことを継続して1個1個項目を完了させていくので、1歩1歩目標に近づきます。自分は目標に近づいているんだということを実感しながらすすめていけるのです。是非、ミッションステートメントを叶えるために日々の行動を行えるようにしましょう!

このページの先頭へ